ポケモン剣盾をレビューしてみる【剣派?盾派?】

ゲーム
迷っている人
迷っている人

ポケモンソード・シールドが発売されたけど面白いの?

皆さんこんにちわ。いかがお過ごしでしょうか。

2019年11月19日にポケットモンスターの新作「ソード・シールド」が発売されました。

皆さんは購入しましたか?

購入しようかどうか迷っている方にも参考になるように今作の特徴も踏まえつつ、レビューします。

今まではニンテンドーDSや3DSなどの携帯ゲーム機のみプレイできましたが、今作からはNintendo Switchでの発売ということで携帯できるのはもちろんのこと、自宅の大画面でポケモンを楽しむことができます。

スポンサーリンク

世界が綺麗

ポケモン赤・緑が発売されたのが1996年2月27日です。

それから23年の月日が流れました。

ゲーム機も進化し、当時じゃ考えられないくらいのグラフィックでプレイすることができます。

白黒のみだった頃が懐かしいです。

今作最初の町「ハロンタウン」

かがくのちからってすげー

過去作のポケモン「全て」は「出てこない」

これは非常に重要な要素です。発売前にはテレビCMで初代からたくさんのポケモンが登場する演出がありました。

全ポケモンは出てきません。

ネット上でも非常に賛否両論が出ていたようです。

個人的な意見としては、もちろん全てのポケモンが登場するに越したことはないのですが、今作で登場するポケモンで十分です。

過去にたくさん使われてきたポケモンはたくさん登場しますし、全て登場したからといって全部使うかといわれたら疑問が残ります。

けどなんでガブリアス削ったの~~~

2020年4月4日 追記

ダウンロードコンテンツが解禁され、過去作のポケモンが追加で登場するようになりました。

詳細は不明ですが、ガブリアスが帰ってきます!

ポケモンエキスパンションパス

第一弾:「鎧の孤島」 2020年6月末までに配信予定
第二弾:「冠の雪原」 2020年秋配信予定

楽しみですね!

ガラル地方ならではのポケモンが出てくる

今作の舞台は「ガラル地方」です。縦長の世界になっています。

全ポケモンは登場しませんが、代わりに新しく登場するポケモンがたくさんいます。

さらに過去作(特に初代)のポケモンが新しい姿になって登場して、タイプも技も変わって「おぉ~~」と胸が熱くなること間違いないでしょう。

例えばマタドガス。タイプが「どく・フェアリー」になっています。見違えましたね。

「マックスレイドバトル」でみんなと協力して戦える

今作では「マックスレイドバトル」ができるようになっています。

「レイドバトル」といえばオンラインゲームやスマホゲームでもあるように一体の巨大モンスターをみんなで一緒に倒すというスタイルのバトルです。

巨大なピカチュウが出ます(笑)

大きくなっても可愛いですね

リアルでの友達はもちろん、知らない人とも一緒に巨大ポケモンと戦うことができます。

敵だけではなくこちらも巨大化(ダイマックス)して、戦うこともできます。

レイドバトルで倒したモンスターは捕まえることができます。

さらに同じモンスターでもそこら辺の草むらにいるモンスターよりも強い仕様になっています。

「メガシンカ」「Zワザ」は一切出ないかわりに「ダイマックス」ができるようになる

過去に実装されていた「メガシンカ」「Zワザ」は廃止されました。

特に「メガシンカ」の廃止は残念です。

ですが、今回から「ダイマックス」が実装されて、自分のポケモンが巨大化して戦ってくれます。技も強力になります。

ダイマックスした時の鳴き声が非常にうるさいです
テレビでプレイするときは音量に注意しましょう。

「ジムリーダー」が復活!

前作(ポケモンサン・ムーン)での島めぐりや試練は廃止されて、おなじみの「ジムリーダー」が復活されました。

これは非常に嬉しいです。やっぱりポケモンは「ジムリーダー」がいてナンボですよね。

何人かはソードとシールドによってジムリーダーが違います。

僕はソードを買いましたが、ちょっとだけシールドにしておけばと思った要因ではあります。

メロンちゃん可愛いです。。

ストーリーはあまり長くなく、ダンジョンはあまり多くない。。。がしかし

主人公は友人と一緒にチャンピオンを目指します。

現在のチャンピオンは一緒に旅をする友人のお兄ちゃんです。

チャンピオンになるために各地にいる「ジムリーダー」を倒しに行きます。

街と街の間隔があまりなく、悪く言うと一本道です。
洞窟なども多くありません。道もほぼ一本道です。

じゃあどこにポケモン出てくるの?

今作で一番ポケモンが出てくるのは「ワイルドエリア」です。

ワイルドエリアは非常に大きな平原で、多くのポケモンはここで出会えます。
ストーリーの序盤から行くことができて、一気にテンションがあがるポイントです。

最初の頃はいきなり強いポケモンと出会うこともありますが、いくつかのジムリーダーを倒さないと強いポケモンは捕まえることができない仕様になっています。

突然異常なレベルのイワークが現れます。

雨・あられ・すなあらしなどワイルドエリアの天候が変わって、特定の天候じゃないと出現しないポケモンもいます。

前述のレイドバトルもワイルドエリアで行えます。

プレイヤーによってはワイルドエリアでふらふらするのが楽しくて、なかなかストーリーが進まない人もいるみたいです。

対人戦への敷居は過去より低くなっている

ストーリーを進めていくのはもちろん楽しいですが、ポケモンの醍醐味といえば対人戦にあります。

今作はストーリーが短い代わりに対人戦にウェイトおいているように感じます

理由としては

  • 今までは各能力10個までだったドーピングの制限がなくなった
  • けいけんちもレイドバトルで大量に獲得できるアイテムがある
  • 「わざマシン」は使い放題、だけど「わざレコード」は使うとなくなる(わざレコードの方が強力な技が多いです)

など、これまでに「ポケモンはプレイしたけど、対人戦をしてこなかった」人にもチャレンジしやすいようになっています。

まとめ

今回はポケモン剣盾についてお話しました。

ポケモンソード・シールドのレビューでした。

amazonなどのレビューを見ると酷評してる人もいますが、僕は毎回新作のポケモンを心待ちにし、楽しんでプレイしています。

新作が発表されるたびに胸が高鳴りますね。
ポケモンは小学生の時と変わらないワクワクを今でも感じさせてくれます。

今までポケモンをやっていなかった人もこれを機に一度やってみませんか?