歯科矯正体験記④さらに太いワイヤーへ

歯科矯正体験記

どうもこんにちは。

今年の8月から歯科矯正を開始し、上の歯2本を抜歯した生活を送っておりました。

今日は上の歯のワイヤーの交換を行いました。

歯科矯正についての感想などをお伝えします。

前回の記事はこちらです↓

プロフィール

Kota
31歳の医療コンサルタント。とんねるめがほん運営。
9年間医療事務として外来・入院を担当。
毎月約9億円を請求していました。
米国株・仮想通貨投資家。米国株ETFとアルトコインを積み立てています。
趣味はゲーム・読書・ギター・ドライブ・スノーボード・ダーツ。
Twitterはこちら

スポンサーリンク

前回からの変化

前回から、ワイヤー・ゴムを装着して生活していました。

今回の受診の約5日前。

いつも通り歯を磨いていたところ、装着していたゴムが外れてしまいました。

受診まで約一週間ということもあり、特別連絡することもなく、当日を迎えました。

医師にその旨を伝えたところ、一週間程度であれば問題ないとのことでした。

今後は急に外れてしまい、受診までに日付がある場合は連絡して受診しようと思います。

ワイヤーの交換

まず最初に今までつけていたワイヤーを一度外しました。

一瞬だけワイヤーのないスッキリした状態でした。

その後すぐに新しいワイヤーが用意され、装着作業が始まりました。

歯はすべりますから、器具が歯茎に多少当たるのはご愛敬です。

これから歯科矯正する方は、矯正の痛みはワイヤーをつけている普段の生活だけではなく、器具の装着時にも伴うのでご注意ください。

新しいワイヤーは奥歯両端にパチっパチっと留めて、その後、残りの中央の歯に固定します。

元々、歯についているブラケットとワイヤーをさらに細いワイヤーで結んでいきます。

手先が器用じゃないと難しい作業です。

担当してくださったお姉さんは器用に結んでいました。

ワイヤーはこれから太くなる。

今後、受診を重ねていくごとに装着するワイヤーはだんだんと太くなっていきます。

さらにはワイヤーの断面が丸いものから四角いものに変わります。

装着時の痛みもだんだんと強くなり、ひどい時には痛み止めを飲むくらい痛い時もあるそうです。

今回の装着時は多少の痛みはあったものの、痛み止めを飲むほどではありませんでした。

今後が怖いですね。。

現在の歯並び

少しずつではありますが、変化が見えています。

以前に抜歯して空間ができていたところにずれているのがわかります。

また前歯も隣の歯としっかりと並びつつあります。

この調子で頑張ってもらいたいです。

前回です

今回です。

今回の支払い

矯正費用825,000円は支払える時に少しずつ支払うことができます。

普段のカードの利用具合に合わせて支払ってよいとのことでした。

今回からは基本的に来院時に20,000円を支払う形としました。

支払える時には余裕をもって多めに支払うことも可能です。

ということで今回は20,000円を支払いました。

残り785,000円です。

次回は11月26日に更新予定です。

僕

ここまで読んでいただきありがとうございました!